「この間の客がさぁ…」
ある飲食店でたまたま近くの席に座っていた男性が
大きな声で話していました。

経営者や営業マン風ではなかったので
きっとどこかのお店の店員さんなんでしょうね☆

でも私は先ほどのひと言を耳にしただけで
その人が働くお店には
絶対に行きたくないと感じました(*>ω<*)

接客時には「お客様」なのに
相手が目の前に居なくなると「客」と呼び
ひどい場合は「さっきのアイツさぁ」とか
平気で言う店員さん。。。

やるべきサービスさえ完璧に出来ていれば
そんなことどうでもいい。
そういう割り切った考え方もあると思います。

でも私は
お客様に対して感謝の気持ちを持っているなら
決してそんな風には呼べません。

それに、「さっきの客が〜」と口をとがらせる姿は
どんなに美人でも美しく見えません(-ω-;)

だからそういう言葉を耳にすると
仕事っぷりが雑なひと、
あまり信頼できない店員さんだと瞬間的に判断します。
飲食店でも、エステサロンでも、もちろん風俗店でも。

とくに風俗は特殊な業界なので
本当にびっくりするほど色々なお客様がいらっしゃいます。
実際に接客をする女の子たちはもちろん
電話を受けるスタッフさんにとっても
当然腹が立つことだってあるし、嫌な思いをすることもあります。

だけど
「自分にとって嫌な相手」=「二度と来てくれなくて良いひと」
とは限らないんです。

電話口ではひどい口調でも
女の子の前では仔猫みたいに可愛いひと

無口で怖いひとだと思ったら
実は照れ屋サンで緊張してただけ

AちゃんにとってはNGの相手でも
Bちゃんにとっては全然OK

そういうことって、多々あります。

だから出入禁止になるほど非常識な方は別として、
自分にとってどんなに難しい方でも
お店にとっては大切なお客様であるということ。
そのお客様方のおかげで
自分の生活が成り立っているということ。

マリアグループの皆さんには
それを絶対忘れずに日々お仕事してほしいと
心から思います☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆


スタッフ泉